3465円 (東京五輪) 【記念硬貨】 東京オリンピック 1000円銀貨 昭和39年(1964年)未使用【記念貨】 ホビー コレクション 貨幣 記念貨幣 3465円 (東京五輪) 【記念硬貨】 東京オリンピック 1000円銀貨 昭和39年(1964年)未使用【記念貨】 ホビー コレクション 貨幣 記念貨幣 東京五輪 記念硬貨 東京オリンピック 1000円銀貨 記念貨 1964年 出荷 未使用 昭和39年 /highmoor1330021.html,www.hostelpl.com,【記念硬貨】,3465円,ホビー , コレクション , 貨幣 , 記念貨幣,東京オリンピック,1000円銀貨,(東京五輪),昭和39年(1964年)未使用【記念貨】 /highmoor1330021.html,www.hostelpl.com,【記念硬貨】,3465円,ホビー , コレクション , 貨幣 , 記念貨幣,東京オリンピック,1000円銀貨,(東京五輪),昭和39年(1964年)未使用【記念貨】 東京五輪 記念硬貨 東京オリンピック 1000円銀貨 記念貨 1964年 出荷 未使用 昭和39年

東京五輪 記念硬貨 東京オリンピック 1000円銀貨 記念貨 1964年 出荷 未使用 昭和39年 公式ストア

(東京五輪) 【記念硬貨】 東京オリンピック 1000円銀貨 昭和39年(1964年)未使用【記念貨】

3465円

(東京五輪) 【記念硬貨】 東京オリンピック 1000円銀貨 昭和39年(1964年)未使用【記念貨】




【おひとり様3点限り】

昭和39年に開催された東京五輪を記念して発行された記念硬貨です。
大きさもあり、手に持つとずっしりときます。
品位 銀 925/銅 75
直径 35ミリ
量目 20g

※この品は完封状態で販売されたものではないため、未使用でも小さな傷等が有る場合があります。
※発行から時間の経過しているため、曇り等の経年による変化が見られるものが多くなります。
※在庫品にはコインクリーナー等で清掃されたものが含まれます。

あらかじめご了承の上、お買い求めください。

(東京五輪) 【記念硬貨】 東京オリンピック 1000円銀貨 昭和39年(1964年)未使用【記念貨】

シンプルな暮らし、自分の頭で考える力。
知の楽しみにあふれたWebマガジン。
 
  • 世の中のうごき
  • くらし
  • エッセイ

第5回 「襲撃すれば英雄になれる!」空気に支配された邦人……

封印された分断 ブラジル勝ち負け抗争――小説『灼熱』刊行記念
葉真中顕
  • こころ
  • くらし
  • エッセイ

死んだら「無」なのか、それとも「霊魂」になるのか

考える四季
佐伯啓思
  • まなぶ
  • こころ
  • エッセイ

第8回 キューバで「幽默大師」に出会ったはなし

ふしぎな中国語――日本語からその謎を解く
橋本陽介
  • こころ
  • くらし
  • イラスト
  • エッセイ

17. バイトふっき

よりみち日記2
道草晴子
  • 世の中のうごき
  • くらし
  • エッセイ

第4回 日本は戦争に勝った! 戦勝デマがもたらした分断

封印された分断 ブラジル勝ち負け抗争――小説『灼熱』刊行記念
葉真中顕
  • こころ
  • くらし
  • エッセイ

六 私の「諸行無常」

お坊さんらしく、ない。
南直哉
  • 世の中のうごき
  • くらし
  • エッセイ

第3回 日米開戦、「敵性国」となったブラジルに閉じ込めら……

封印された分断 ブラジル勝ち負け抗争――小説『灼熱』刊行記念
葉真中顕
  • こころ
  • インタビュー

受賞のことばと選評

小林秀雄賞
考える人編集部
  • まなぶ
  • こころ
  • エッセイ

第7回 「頭痛」と「腰痛」は一つの単語?

ふしぎな中国語――日本語からその謎を解く
橋本陽介
  • くらし
  • こころ
  • エッセイ

12.我慢と焦燥の夏

マイ・フェア・ダディ! 介護未満の父に娘ができること
ジェーン・スー
  • 世の中のうごき
  • くらし
  • エッセイ

第2回 ブラジルに夢を求めて移住した日本人たち

封印された分断 ブラジル勝ち負け抗争――小説『灼熱』刊行記念
葉真中顕
  • こころ
  • くらし
  • エッセイ

26. 日本大好き青年が見る夢とアフターコロナ in カ……

没イチ、カンボジアでパン屋はじめます!
小谷みどり

MAIL MAGAZINE

とは

 はじめまして。2021年2月1日よりウェブマガジン「考える人」の編集長をつとめることになりました、金寿煥と申します。いつもサイトにお立ち寄りいただきありがとうございます。
「考える人」との縁は、2002年の雑誌創刊まで遡ります。その前年、入社以来所属していた写真週刊誌が休刊となり、社内における進路があやふやとなっていた私は、2002年1月に部署異動を命じられ、創刊スタッフとして「考える人」の編集に携わることになりました。とはいえ、まだまだ駆け出しの入社3年目。「考える」どころか、右も左もわかりません。慌ただしく立ち働く諸先輩方の邪魔にならぬよう、ただただ気配を殺していました。
どうして自分が「考える人」なんだろう――。
手持ち無沙汰であった以上に、居心地の悪さを感じたのは、「考える人」というその“屋号”です。口はばったいというか、柄じゃないというか。どう見ても「1勝9敗」で名前負け。そんな自分にはたして何ができるというのだろうか――手を動かす前に、そんなことばかり考えていたように記憶しています。
それから19年が経ち、何の因果か編集長に就任。それなりに経験を積んだとはいえ、まだまだ「考える人」という四文字に重みを感じる自分がいます。
それだけ大きな“屋号”なのでしょう。この19年でどれだけ時代が変化しても、創刊時に標榜した「"Plain living, high thinking"(シンプルな暮らし、自分の頭で考える力)」という編集理念は色褪せないどころか、ますますその必要性を増しているように感じています。相手にとって不足なし。胸を借りるつもりで、その任にあたりたいと考えています。どうぞよろしくお願いいたします。

「考える人」編集長
金寿煥


ランキング